×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART
MTB乗りになったきっかけは?そう聞かれると、誰でも「快走したいから」と思ったはず。
しかし独りで楽しむのも限度があることにもやがて気付きだします。そして愛車を乗り回すうちに、
他のMTBと擦れ違い「きっとあの人は仲間がいるだろうな」などと思うのでしょう。
いつか山に行って乗ろうと思っても。ガイドブックだけを頼るわけにもいかず、達人に聞くのが一番と考えある日常設コースで声を掛けたことからMTB仲間ができました。しかし本格的な山道は熟知せず、しょうがないから一緒に山道をさまよいました。

やがて一人ひとり仲間が増え、楽しみが膨らんだ頃「類は友を呼ぶ。しかし歩み寄りが大事」と悟るのでした。キャリアはともかく歳を重ねてくると同類に気付きやすくなると思えます。それまで過去に期待した出会いに嫌気が差したり、幻滅したり。当たり前に歳を重ねれば、望むべき相性を計るための統計が蓄積されていくのでしょう。

感覚的に合わなければ、何をしてもだめなのですね。出会ったMTBオーナー諸氏は一応に自己顕示欲が強いのに、同時にシャイでありました。しかし心を開いて、どんどん元気になる姿に触れては次への励みにしていきました。
私自身もかつて団体行動が嫌いだったのに、辿り着きたい望みがあれば、面倒くさがることを止めることだと気付きました。
私たちは社会で競争しているのですから、グループでのレース活動は無用。自由に参加してもらい、各自のペースにまかせ山を駆けます。個々の存在を認め合えればそれで十分。

山行きは通信メールでの誘いで各自の自由意志で集い、縁が続く楽天家達。気ままにトレール開拓しているチームというより、コミュニティのようです。
皆さんの中にも同志と知り合う機会を逃したことはありませんか?その相手も、もし貴方と同じ仲間を求める人であったらどうでしょう。
その確率は大きいと思います。私たちの仲間がかつて皆そうだったのですから。

私達で良ければ遠慮なく声をかけてください。山の彼方で喜びを分つ機会がありますように。

mt'r▲○主宰 MASA