×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART


Vol.09【11/23:御岳晩秋・裏参道 編】
【IMA-JIN編】
今回は夫婦でお世話になりまして、ありがとうございました。とても楽しかったです。
夫婦共に初参戦。未知の領域の為かなり緊張していました。隊長の後ろを走らせて頂き、色々アドバイスを受けながら走り「これは楽しい!!」と思えました。
今回は初心者コースでしたが、やはり僕には、ドキドキでしたがまたやりたいです!!
私たちのフォロ―をして下さった皆様、ありがとうございました。年内都合がつきましたら、是非参加させてください。
IMA-JIN
【IMA-AKI編】
MTBでの山下りは、初めてでとても不安でしたが、皆様にアドバイス頂き、何とか下りてくる事が出来ました。木の根や段差を上手くクリア出来たとき、爽快感を感じることが出来ました。後半調子に乗りバランスを崩して谷へ滑落しショッキングな場面をお見せしましたが、幸いかすり傷だけで、大事に至らず皆様にご心配おかけしました。一日いろいろありましたが、日常から開放され、楽しく過ごせました。隊長さん、メンバーの皆さん、親切なアドバイスと、見守って頂きありがとうございました。
IMA-AKI
【SHIMA-YASU編】
1本目裏参道ルートは皆で楽しく、わいわいと走り、2本目は一気に激下り。
特に2本目丹三郎ルートは最高で、今までの山走りの中で、この激走行程ほど開放的でノリに乗れていた機会はありませんでした。
段差の多いセクション、またその下りを楽しく感じながらも、徐々にブレーキングで手の握力が弱くなっていく感覚も心地よく、笑いがこみ上げてきました。俺やこのマシンには、こんな走りができる実力が備わっていたのか?と驚いてしまいました。過信は禁物ですが...。
充実の時はあっという間に感じましたが、充分達成感でいっぱいになりました。
SHIMA-YASU


【SHIMA-TOMO編】
裏参道の断崖下の眺めに少々ドキドキしながらも、とっても楽しく走ることができました。
秋真っ盛りの紅葉景色もきれいでした。これからも食欲旺盛・燃費イマイチで走っていきたいと思います。ありがとうございました!!
SHIMA-TOMO
【SAKAPOW編】
初めて御岳登山ケーブルカーに乗ったのは3〜4年前になるでしょうか。久しぶりに山頂から見る景色に「意外に覚えているものだな」と思いました。秋から冬へ変わるこの季節が、MTBで山を駆けめぐるのにはベスト・シーズンのように思います。乾いて地面が堅く締まり、木の葉が落ちて見通しがよくなり、走りやすい。地面に積もった落ち葉の色を見ると、快適に走りを心から楽しめたときは、いつも道がこんな色だった、と気づかせてくれました。寒いけど近いうちにまた行きたいですね。
SAKAPOW
【NAKAJI編】
いつも通いなれた御岳エリアの北西にあんなに楽しいコースがあったとは。美しい紅葉の中を落ち葉踏みしめながら山路を駆けぬける快感はたまりませんねぇ。
1本目は明るく広い路をのんびりと感覚を取り戻しながら走れ、ブランクあけの私としては最適なリハビリになりました。そして2本目「まさか3時から再度登頂し乗ることはないだろ〜」と高をくくっていたら「30分で下れるから!」という隊長の出陣命令に参戦。「またナイトランになるのかなぁ」とライトを用意して挑んだ。
山の上は徐々に冷え込んできて、帰路につく人々をやりすごし頂へ。1本目裏参道とは違って日陰のウェット路面、連続する木段など障害が連続。躊躇するのが面倒になり乗り続けてるうちに過去の感覚が戻って、アッとゆう間に麓ゴールに...。
激走ルートは1本目のリハビリなければ乗りきれなかったと思います。しかし休憩なしでホントに30分で下りてしまうなんて...。上りは有料になりますが楽しむ価値ありですねぇ、次回プラン楽しみにしております。
NAKAJI
【KAWANO編】
毎年、山輪で走る紅葉の山は最高!今年は一気に通りすぎようとする秋に加え、葉の彩りが少々くすんでいるのが気がかりだったが、東京の山の懐の深さを堪能した。
日本の四季の風情はきめ細やかで素晴らしい。1日にケーブルカーを2度も利用し、2つの参道を経験できる贅沢をあらためて実感する。
次に訪れた時は、御岳山神社にて山の神様に感謝の言葉を伝えたい。
KAWANO
【MASA編】
一番好きな秋が去る前に我らは山の彩りを追う。赤黄に染まる山並を仰いでは喜び、次々に曲りを折れ現れる景観に心ときめく。初めての道で出会う巨木や大岩に驚きながら、それを越えては「ではまた」と黙ってあいさつ。
終盤断崖では這い昇るクライマーを見て、同じ山で異なる嗜みがあるものと感心する。きっと己を越えるべき目標は同じだろう、と遠くから見守る。何度でも違う達成感を得ること。自分が選んだ道を信じること。快活に駆けては、去り行く彩りが心地よく流れて行った。
MASA