×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART


Vol.07【4/8カエルの子はドラゴン 編】5名
【HARAパパ 編】
今日は息子のデビューにご協力頂き有難うございました。冷静に考えてみたら、現地ハード山は小学生にはかなりきつかったかなと。しかも父ちゃんはそこで大コケして、2回も怪我した魔物が住む恐ろしい山だったんですよね。

皆さんのペースを著しく乱しながらも、息子は明らかにオーバーサイズのマシンに跨がり、彼にとっては重い車体を懸命に押し上げ、恐怖に負けないように必死で堪えながら緩い下りだけを果敢にチャレンジしている姿は、親バカといわれるでしょうが、父ちゃん涙がでたぜ!

ほとんどビビった息子も途中100m位奇跡的に連続して下り、彼なりにスリルと達成感と感じ取り、彼の中に確実にあるパパと同じクレイジーDNDが覚醒し、「父ちゃんが山にはまっている訳」を体で感じ取ったようです。

貴重なチャンスを頂き感謝です。次回までには近所の公園で特訓を積んでおきますので、またよろしゅう!
HARA
【HARA Jr. 編】
今日は山に連れてってくれてありがとうございました。初めての山だったけれど、段々コツをつかんできて最後のほうには下り坂をいっぱい下れて楽しかったです。

頂上についたときは下りきれるか心配でした。恐いのと楽しいのが連続だったけど、また連れてってください!
T. HARA
【MASA 編】
初山デビューのHARA Jr.君のやる気は十分。予測通り果敢であった。途中で風雨に遭遇したが、Jr.はめげずに柔軟フォームで大転倒もなく力走。無理目の山に来てしまったが、その根性を天も評価したのか、後半は快晴で祝福。

Mr.RICK & Mr.KATOのサポートもご苦労でありました。少年期は「失敗を振り返る恐怖観念」が少ないのだろうが『カエルの子はドラゴン』というべき勇敢チルドレン。その勇気を未来の躍進に繋げてもらいたいものである。
MASA