×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART


Vol.01【1/22:フロンティア魂ボルテージアップ編】

1/22当初奥秩父行きを目論んだが、路面凍結で登坂不能と聞き断念。温暖なはずの奥武蔵・最長尾根を目指し快晴の山並みへ。賛同者は当方動画へのコメントを頂いたご縁からのJCF DHエリートNOGA氏+KINA氏/不可止氏あわせ4名で出向く。凶悪ルートを選び往くのだがDH人は全くひるまず、スイスイ難所を抜ける。岩盤下りもホイホイ行く。冬でも激ヒートで2人とも半ズボンだった。

この日は天候リスクも無く昼食後の中盤以降は東行き通常ルートを往かず新ルートへと考えていた。新たな活路は六万部塚から弓立山に向かう北方向へと降下するべく開拓走である。その起点からは伐採要所に道筋が露見して見えたのでここぞと進路をとる。

リスクも何も知らぬ同行3名を自我の好奇心だけで引き込んでしまったのだ。
行く手に苦行も覚悟したのだがその危惧は無用だった。道を掻き分けるわけでも無く作業道は繋がっており、あっけなく開けていくルートに皆ブチ切れて止まらない。それは誰も待受け撮影をさぼるほどの勢い。そのスタイルは[ふじてんゲレンデ]の様なスピードループ状の快適トレイルだった。
この機会での見渡しの良さは冬枯れのお陰だろう。春夏ならば藪で導入も不明だったに違いない。久しくの開拓ルート大当りに自分が腰痛だったことも忘れ機運が上がる事を喜んだのだった。