×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART


◆Vol.15【12/11:2011ラストラン快活完結編】

12/11(日)本年最終山行きとなる奥武蔵編にて。新規開拓を兼ね飯能山域巡りを企てたが、難所多く大人数ではリスク有りと秩父方面に変えたのだった。しかしいざ接続する尾根まで登るが、あわや降雪凍結の道となりこちらも断念。
当初プランの二番候補の東方面に戻る。そうすれば7kmしか離れないのに日照のせいか充てにした山は無難に登頂できた。ピークには多く霜も張るが、五度目の登頂で最高に空気の澄んだ情景が広がる。予定オーバーにつき即座に降下に掛かる。シングルトラックでの9名隊列は伸びて多くのハイカーさんとすれ違い爆走とは行かない。
そして自分は先頭にて大薮払いをしたとたん、崖落ち10mを喰らうがダメージも無く続行なり。あとは難なくDH第一弾ゴール。そして午後は大峠を越えさらに10km東の独立峰に向かう。こちらは500m級の低山だがピークは開け展望はさらに良い。強い日照でかなり暖かくなる。こちらは急峻でないが、なだらかに直降下する。ターンやトラバースが全くない珍しい道程である。こちらは広葉樹の多くの落葉が敷き詰められ、明るく美しい道だった。その景観に放心しながら行くが、時に埋まる木段に気付かずバウンドされ、驚き笑いまた進む。自由な時を噛み締めるように駆け、今年の山巡りも完結できた。