×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART


◆Vol.1【1/13:mtr2013グランプリ開幕 編】

1/13(日)久しぶりに奥多摩山系サーキットに5名集結。ようやく本年GPシリーズ開幕である。広葉樹林は落葉しオープンエアで道は明るい。今回は下り系山バカばかり。このテクニカルルートを弾け高速で往かれるとクラッシュ必至だなぁと危惧する。とスタート5分でFK君が急傾斜トラバースでコーナーアウト前転技を披露。立ち直りまたその直後にRDハンガーをぶち折る。時間掛け修理完了してもまだ燃えていく気満々。またこのトレイルのスタイルを覚えた頃に、先行く連続ブラインドコーナーでは木立激突+岩除けクラッシュなどMG君が果てていく。もう中盤までで5回は大転倒メイクしこれだけで2013クラッシャーズ選手権の上位が確定になった。
今回久々登場の三兄弟は失敗に懲りることを知らぬ野獣なり。残るは長男ST君跳躍を期待するが、なぜか彼だけはスイスイ追いついてくる。新鋭フルサスを駆り大体格比重活かしガンガン攻める。後半は従来接続する尾根でなくさらに激しい別の尾根にトライしていく。道程の積む落葉は深くホイルハブまで隠れる程だがそれを蹴散らす程に傾斜はさらに強い。未踏のバームの霜をバリバリ蹴散らし、ドリフトしたくないのに落葉に後輪が運ばれるのだ。本来各位の見栄張りシーンをばっちり撮影しようと目論んだが、午前の故障修理やクラッシュ続きで時間が押しノンストップでフィニッシュする。寒さも吹き飛ばす程の[熱いヘボ1グランプリ]であった。