×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART


◆Vol.2【1/26:雪上探索ラッセル隊滑落狂走 編】

1/26(土)奥多摩1300m級未知の山を開拓するために1000m位登ったはいいが、這い上がる登山口以外のMTBを押上げ可能ルートは氷結し先も凍えるようだった。やむなく導入確認だけにし近隣山に向かう。よもや山上の状況確認は現地まで判断出来ぬものと学習。せっかく遠方より参上YZ氏のためにも当山系で挽回と馴染みの尾根を目指す。往けそうなトレイルなはずが積雪多く峠口を塞いでいた。代案で別の導入巻道で担ぐも吹雪くオフキャンバーで煽られながら1150mピークまで着けた。降下していく九十九折の未踏の新雪は思いのほか厚い。勢いつけないと埋まる程だった。まあどうにか漕げる程度で久しぶりの雪上滑走となる。
進むうち雪に埋まり前輪揺らす我が姿見て皆がおかしいと言うのだが、そんな後者はつけた轍に沿えず慌て駆ける。当惑し寒さも忘れバームに突進したりコーナー外に落ちたり。何度も弾け積雪クッションに委ねるように飛ぶのだった。また起きては賢明にペダルを漕ぎ回すが普段豪速で往けるトレイルなのに散々回転させないと進まず呆れた。あと5cm積雪厚ければ降参だったろう。思いのほか残雪が多いのでこのエリアは当分走れ無いかもしれない。通常の3倍位パワーを使い駆け巡る雪道では修行のように無心になる。かくもこの状況を選んで来れないので貴重な体験か。麓に着けば周囲の雪景色に励まされるような快活な心持ちになれた。