×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART
HEAD
Vol.14【8/30千元山盛夏激戦報告】
4名
真夏の嵐山・千元山→物見山縦走に4名が挑む。丁度夏らしくなり木陰走にも関わらず、登り返す毎に、のぼせるような暑さ。夏山は薮が深く、春の5倍くらいの茂みか。枯れ落ち枝も虫も多く、決して快適ではない。
高い草の壁を突き破るごとに、手足に小傷ができる。木枝の蝉の音が暑さを増幅するかのよう。
HEAD
HEAD
後半の激下りエリア前には早々に飲料枯らし多勢脱水状態一歩前。だが拭けど汗が止まらず目に入る。しかし新陳代謝の改善になったようで、体毒素を吐き出したかのよう。障害を乗り越えるたびヤケクソ達成感があり、それも悪くなかった。フィニッシュ激降下では皆、わめきながら転がり落ち、残りのパワーを使い果たしたようだった。
下界にて一人平均1000ml水分補給。そして槻川河原より皆、渓流に飛び込む。R子女史までパンツ水浸しである。水遊びし、空を仰ぎ、遠い夏の少年の日に還ったようだ。そんな思いであった...。MASA
HEAD