×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART


Vol.17【8/14表富士・爆撃進軍編】9名
【KAWANO編】
春以来の復活戦となった大菩薩戦が、崖崩れのため、急遽フジヤマに変更になって正直ほっとしていた。リハビリを終えた膝が激しい山で久しぶりの走りに悲鳴をあげないか、みんなに迷惑をかけないか前夜、眠れなかった。
しかし、メンバーの顔を見た時今日は走るぞ!と意気込んだ。フジヤマは来るたびに違う姿を見せ、中腹ではルートを見失うほど景色が変わっていた。久しぶりのダウンヒルは身体に力が入り、ギクシャクした走りになっていた。
昼食後の直滑降では今回は大事をとってやめておこうと言っているのに鬼隊長があおるものだから、涙目で下った。結局AKIBA-R嬢までトライするはめに。泣き言ひとつ言わずに落ちていくものすごい度胸に感動しました!おかげでアドレナリンが噴出し、後半は自分の走りができ、身体故障なく無事フィニッシュ。
車を取りに行った帰りに、自衛隊ヘリ訓練に遭遇し、カトちゃんと道草くって撮影に夢中になった。戻って心配していた隊長に報告したら怒られるかと思ったら「俺も大好きなのに見たかった、悔しい!」とぼやかれた。さすが、山輪隊長はこうでないと!コアメンバーとの走りは最高に楽しかった!
KAWANO
【AKIBA氏編】
フジサン、修学旅行以来だ、、ん?MTBで走れるようなところってありましたっけ?ああ、下界は蒸し暑いのに、ここは涼しい。ちょっと寒いくらいかも。
すごい!いままでの山とは全然違うっ!すごい爽快感。前後のホイールが別々に揺れて、フレームから外れてるような感覚。これはサイコーの夏休みって感じですよ!後半のコースは、本当にビビッてたので、走りに意識が集中出来なかったですよ!(爆撃看板はキケンです)ジャンプもいつかはしたいなぁ。
AKIBA
【AKIBA-R譲編】
当初予定の大菩薩への道が前日大雨の影響で途中、土砂崩れがあり通行できないことに。急遽フジサンに、とってもサプライズな1日でした。(正直、大菩薩は体力的に不安もあったので、良かったのかな?)

さすが富士は三千メートル級の山。近くで見るのも初めてだけど、ましてや走れるなんて...。景色は最高!ここは日本ではないみたい。斜面は草原ならぬ、黒くて細かい砂地。ハンドルとられてバランスをとるのも難しく、冷や汗が。

そして休憩ポイントにて、激坂下りを体験。やってはいけない前ブレーキをかけてしまい転倒。『火曜サスペンス』の1シーンのように落ちました。流血はまぬがれましたが、擦り傷多数、ご心配おかけいたしました。もう一度トライすれば、イケル!と思います(つ、強気)

ゴールが近くなってきたのか、森に入り笹薮と格闘しながらの走行。カミナリのような大砲の音が、流れ弾にあたるかとヒヤヒヤでしたよ。
AKIBA-R
【KOUNO氏編】
ブランク明けの久々、飛び入り参加ということで、当初予定だった大菩薩から、下りオンリーの富士山へ急遽変更となり、鈍りきった体にはちょうど良かった感じでした。

富士山の雄大な景色は圧巻でほんと感動しました。また砂礫路面は、ハンドルを取られ舵が取れず、今までのコースには無い恐怖を感じました。プラスあの崖からの強制DH!!ヤラセなしでマジで怖かった。半べそと、ちょっとだけおしっこ洩れてました。ブランク明け&下級者には惨い仕打ちですよ!!(怒)

そして終盤の着弾地帯DH。砲弾の音を間近に聞きながらのライディングは、コースの怖さも忘れ、ただひたすら軍隊にとっつかまり、強制連行されまいかと、ビクつきながら走ってました。演習場が見えたところでは、なぜか態勢を低く構え隠れながら走ってました。バレバレだと思うが本能的にそうなってた。まああれだけ派手な格好だから、いい標的ですね。何はともあれ、最後まで完走できたのは、いつものごとく皆さんのサポートが有ったからこそだと思います。ありがとうございました。
KOUNO
【MASA編】
小菅から急遽行先変更し、2.5時間で富士山へ目的ピークに辿り着けた。そして山上での喧騒を脇目にダート導入へ。我々の聖地に帰還した気分だ。眼下大眺望を仰ぎ清々しく思う。

威勢良く砂煙上げ降下したものの、初富士組は砂礫走法を掴めず、その慌て方は曲芸の様で愉快だった。御殿場五合で昼休を経て、肝試し絶壁下りから残り2/3行程へ向かう。中盤まで薮突進もあったが、難なく林道まで駆けた。

先の自衛隊演習区域では、まさかお盆休での砲撃演習爆音が轟く。標的はエリア中心なのだ。沿道側ならOKと信じ果敢に進む。それにしても砲撃音は強烈で新参兵はめげただろう。4km位は痛快スリルで戦線強行突破のようだった。

終盤広域でも大爆音が襲う。捕獲恐れ道端を進むが、振返れば皆一列だ。それでは我らは砲撃全滅だぞ、と笑う。出口で発見されたトラック隊員に恐縮敬礼すれば、おかしくも会釈が返る。戦勝気分だった。皆タフなワンパク隊に進化したものだ。この貴重なハプニングもきっと良き想い出になる。富士戦線突破無事完了。
MASA