×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART


Vol.12【6/12:梅雨入前の御林山・七転八倒 編】

6/12先遣隊7名で奥多摩緩やかな尾根へ。危うい予報はずれ当日は快晴。しかし遅れる寝坊ズ2名との合流時間つぶしのため予定外の主稜逸れた御林山 (1087m)へ登り寄る。踏跡少ないその道程は腐葉土厚く、そんなフカフカなオプションの超急降下を騒ぎ楽しむ。先の尾根道では薮が覆いつつ明るさで鮮やかに映る。
この日賛同の9名のうち6名は半月前に知り合ったばかり。急な召集にかかわらずもう再会でき光栄に思う。各位馴染みも早く昼休憩ピークまで快調に飛ばした。
遅延で急ぎ辿り着いたPe氏夫妻は旦那のみ大転落したらしく泥だらけで合流登場。その直後に強者Mo氏+Do氏はピーク直下茂みに転落し心中。下方で虫ケラのようにモガき笑っていた。幸い無事だったが、直後にいた自分も伴に落下しうる危惧に呆然。2名同時転落を初めて見て感嘆する。また後方から迫るMu氏が大前転で果てた。数分の短い間に達人クラス4名が玉砕ドラマを演ずる。
以降南下する支尾根DHでは倒木が多かったが、先行く難所でJシリーズ参戦DHマン&トライアルマン各位の凄技も披露頂き、梅雨入前のおそらく最後の快晴のもと快活に走り納めが出来たのだった。