×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART


Vol.21【9/27:初秋お山の運動会・障害物競走 編】
9/26埼玉辺境の長大縦走へ6名集う。900mピークはかなり涼しく、運動会の朝の張りつめた空気を想う。初夏に新たに拓いた導入よりいざなうが純下り人M君を先頭にするものだから猪突猛進。分岐を通りすぎるわ皆をブッチぎるわ。各所の景観案内も勢いで止めてもうグングン駆けた。傾斜が緩い直線ルートが多いため、隊列の絶対速度が上がる。トレイルラン最適期に進入した事を実感し皆騒ぐ。
しかし中盤以降は亜熱帯ジャングルランでことのほかクモの巣攻撃にあう。先頭者の顔面は未亡人のベールのようになり、また冒頭M君号のペダルが緩み飛んだり、無数の倒木にみまわれたり。同山系有数の快速路のはずが、数々の障害をやけくそで楽しむばかり。最初は速いと思えた道程もゴールまでは4時間もかけたのだった。我らの運動会は着いた里でアキアカネのトンボを仰ぎながらを無事終えた。