×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART


◆Vol.6【4/1:岩と根だらけの三山尾根縦走編】

4/1台風一過のようなこの日曜、快晴で空気澄む気候に恵まれた。湖岸で知り合えた単独同業者のMさんを言いくるめ我らの山バカ行に同行してもらうのだが、そのフレンドリーさにも関心した。我ら8名は飯能北部1100m弱の頂き目指し勇壮に進む。中腹林道沿いにはやけに太った鹿がこちらを覗くので近づいてみれば、なんと珍しいカモシカ出会った。皆感激して立ちすくむその姿に見とれたようだった。さい先が良いものだと思ったのもつかの間だった。頑張って皆で登頂したは良いがその後が大変。
ピーク直下からの岩盤アタック降下でリアサスバルブがヒットしたことに気付かずリアダイブ状態でケーブルも引きづる状態に陥る。挙げ句の果てにはスイングアームばたつきでブレーキキャリパー固定ボルトが外れ制動不能になった。まあ直すことができ以降は皆のアタック撮影に専念する。各位の喜怒哀楽を収めるテーマでもなければやけくそになっていたろうに、皆が声を上げながらコント的ドタバタ劇を演ずるのを見ては楽しんでいた。10km以内の三山の尾根縦走だが始終岩盤や大根張りと戦っては果てる繰り返しの有意義すぎる道程であった。