×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME HEAD INFORMATION MEMBER ACTIVITY EXPART


◆Vol.14【8/4:豪快DH遊戯ジャムセッション編】

昨8/4は前回探索成功結果を嗅ぎ付けた八王子ダイゴ隊オーダーを承る。今回はBMXトップクラスのプロライダー丸屋氏・由谷氏を連れて来てくれた。1300m頂上からと当初は考えたが、ダイゴ隊の午前のみ制限で中盤1100m峠からの核心部のみに集中してもらおう。その標高でも気温22度と避暑地のように涼しかった。尾根名も無いルートは相変わらず落ち枝積もりが激しかったが、その事以外は順調そのもの。プロ2名のカスタム愛車はフルリジット原始的クランカー仕様なのだが、何の支障も無く愉快に遊ぶ様が見れた。テクニカルなコーナーでそれても瞬時のラインリカバリーを見せていた。
前回50分経過ルートを半分位で駆けたものだから、調子に乗った輩から午前2本ランをおねだりされる。1本目で路面把握したDaigo隊はまた一層はしゃぎながらもトレイン崩さず流れるように駆けた。午前だけ2本消化のリッチ濃厚メニューを楽しみ尽くし彼らは業務に戻って行ったのだ。そして午後から新尾根を探訪するが激藪で擦り傷必至なため秋以降に保留とした。午前ルートを奥多摩マスターKura氏もエリアNo.1と評価してくれるが、惜しい事に倒木が結構有ったのでトレイルメンテに励む。各位不得意パートでの補習ランも兼ねて、大木5本は意地で移動した。これで豪快ノンストップコース完成である。